ちょっとした不調が続いて辛いなら自律神経失調症の可能性あり

案内

小さな副作用で高い効果

看護師

完治が難しいと言われているがん治療は、年々進化しており、その効果もどんどん高くなっています。現在日本では、どの種類のがんでも手術療法、化学療法、放射線治療の3つのうちどれか、もしくはいくつかを組み合わせて行われています。手術療法は、外科手術により、がん細胞のある部分を切除してしまうものです。がんの転移がなければ、がん細胞をすべて取り除くことになるので完治の見込みが高い点がメリットであるといえます。これまでは、がんの大きさなどによっては臓器も一緒に取り除かなくてはならないことが多かったのですが、最近ではなるべく臓器を温存するように小さく切除する方法が広まっています。化学療法は薬物療法とも呼ばれ、抗がん剤によるがんの治療方法です。点滴、注射、内服薬を利用して、がん細胞の死滅や増殖を抑える効果が期待できます。手術では取り切れない小さな転移にも効果があることや、手術による傷跡の心配がないのがメリットです。最近の抗がん剤は、副作用を最小限に抑えるための開発が進んでおり、日常生活に支障が出ないレベルの副作用の抗がん剤開発が進んでいます。放射線治療は、がんができている部分に放射線を当てることで、がん細胞を死滅させるというがん治療です。放射線治療の技術力も年々高まっており、それに伴ってがん治療の効果も高まっている治療法です。放射線を当てる箇所によっては炎症が起こるケースもありますが、アフターケアをしっかり行うことで副作用を最小限にとどめられるようになっています。このように、がん治療は治療の効果を上げているだけでなく、患者さんにとって辛さの少ない治療に進化しているのです。